SBI FinTech Solutions株式会社

会社紹介

日々進歩を遂げる現代社会において、その波に乗り遅れることは企業としての衰退を意味しています。近年はそのスピードが加速度的に上昇しており、ますますその傾向が高まっているのです。そのため、情報収集を怠らず常に注意が必要となっています。

企業情報について

東京都渋谷区に本社を構えるSBI FinTech Solutions株式会社は、EC決済事業およびFinTech関連事業のグループ統括を行なっています。2011年4月に設立しており資本金は14億5,410万円です。従業員は連結で338名であり、代表取締役社長である金子雄一氏を筆頭に事業展開しています。

代表者の金子雄一氏はホームページ上で「Imagination and Innovation」という言葉をコーポレートスローガンとして掲げており、FinTechがもたらす新しい事業やサービスをいち早く取り入れることによって社会に付加価値をもたらすビジネス展開を目指すことを明言しています。金融とIT技術が融合することによって生み出される革新的なサービスの出現はこれからの時代において非常に重要視されているため、大いに期待されている企業です。

事業内容について

SBI FinTech Solutions株式会社が行なっている決済代行サービスは、EC事業者向けのクレジットカード決済をはじめとした、多彩な決済手段をワンストップで導入することができるオンライン決済サービスのことを指しています。店舗や屋外での催事やイベントなど、様々な場面で利用できる端末決済サービスもその一部です。これを合わせることによってECサイトと店舗決済を一見管理することが可能になります。

さらに、SBI FinTech Solutions株式会社では国際送金サービスも提供しています。世界200ヵ国以上の国と地域に取扱店舗を持つアメリカのマネーグラム社のネットワークを活用することによって、信頼性のあるサービスを提供することができるのです。コンビニなどで入金が出来るほか、入金完了最短10分で現金を受け取ることが可能になっています。

これからの時代を見据えたサービス提供

EC決済事業及びFinTech関連事業を行なっているSBI FinTech Solutions株式会社は2011年に設立しており、現在勢いのある企業として注目されています。ITと金融が合わさったこれからの時代にますます成長していくと期待されている分野のため、企業としてのモチベーションも極めて高いものになっています。

そんなSBI FinTech Solutions株式会社では決済代行サービスと国際送金サービスの提供を行なっています。決済代行サービスは多彩な決済方法を提供するだけでなく端末決済サービスも行なっており、あらゆる場面での対応が可能です。国際送金サービスは様々な国への送金が安心かつ迅速に行われるため多くの国の人に愛されています。