株式会社JP Links

会社紹介

株式会社JP Linksは送金代行サービス「Bankur(バンクル)」を運営する企業です。様々な他社サービスとの連携も多く展開し、今や業界問わず多くの企業で活用されるサービスを展開しています。株式会社JP Linksの事業内容や特徴をご紹介します。

送金代行サービス「バンクル」

株式会社JP Linksは送金代行サービス「Bankur(バンクル)」を運営・提供する企業として知られています。バンクルは国内送金業務を担うサービスであり、送金時の手数料を削減し様々な業務コストを削減できるメリットを持っています。利用する場面は多岐にわたり、業界や業種を問わず多くの企業や団体でも導入事例が着実に増えています。同社はバンクルをはじめ、IT金融ソリューション事業やIT金融決済・回収に関連する決済代行事業も展開しており、金融系統の事業について豊富な経験と実績、ノウハウを培っているのが特徴です。

バンクルは送金に関わるコスト削減だけではなく、効率的な経営をサポートするための業務負担も減らすサービスです。手数料がリーズナブルである点に加えて、送金用資金の保全策やセキュリティ面の安全性を担保するなど、送金業務に付随する様々なサービスまで展開しています。食費用や月額利用料、組み戻し費用は一切不要であり、webからの簡単な手続きで操作が可能であるため、インターネット主流の昨今のニーズにも適しています。

福利厚生サービスとの連携

株式会社JP Linksが提供するバンクルは、株式会社Payment technologyの提供する福利厚生サービス「前払いできるくん」とのAPI接続による連携が発表されました。「前払いできるくん」は、働いた分に給与を労働者が給与日前に受け取ることができる福利厚生サービスです。これを利用することによって、企業は導入コストやシステム運用などの負担を増やすことなく、給与支払いの「日払い」を実質的に可能にすることができます。

この福利厚生サービスとバンクルの連携が実現されたことによって、サービス利用者の負担する振込手数料のコスト削減や、振込完了までの時間を短縮することが可能になりました。近年では企業の規模に関係なく人材確保が困難になっており、バンクルと福利厚生サービスの連携によって、求人応募数の増加や離職率の低下効果が期待できるでしょう。この業務提携によって、企業で発生する販管費中心の支払いから、給与支払いの分野においての使用範囲を伸ばすことになるでしょう。

経理業務との連携も

バンクルは株式会社Cloud Paymentの運営する継続請求管理ロボット「経理のミカタ」との業務提携も発表しました。請求・集金業務をクラウドサービスで管理・統合・自動化する子のサービスとの連携により、導入企業のバックオフィス業務の負担削減へと繋げています。

株式会社JP Linksならではの送金業務ノウハウは、経理業務との連携においてコスト削減や煩雑な業務の一元管理化に役立っています。バンクルは専用コールセンターで困りごとにも的確なサポートを受けられる点も、導入企業を増やす一要素になっています。